中野区介護サービス事業所連絡会
わたしたちがいつもいききと暮らすために

訪問介護部会

何をしているところ?

ご利用者が、住みなれた我が家で自分らしく過ごしていく事、安心して生活が出来るために、私たち介護に携わる者は日々努力しております。

訪問介護部会では会員相互の資質向上を目的とし、より質の高いサービスを安心して受けて頂く為に、ご利用者のご期待やご要望といった心の声を代弁し、より良いサービスにつなげられるよう研鑽を重ねております。

また、みなさんが現場で悩んでいる事を共有して、共に考え解決していく場所を提供しております。

平成30年度は、
現在登録している中野区認定ヘルパーは、介護に対する意識が高く積極的に学ぼうとする姿勢が見られます。中野区認定ヘルパーを緩和型サービスの就労のみならず、初任者研修受講の促進を図ります。
部会員の知識と技術向上を図るために定期的な研修により、各部会との連携を深め各方面の専門知識の習得を目指します。
部会員のメイトを中心に認知症サポーター養成講座の開講を増やし、地域住民の認知症の理解を深め、高齢者が安心して暮らせる地域の実現を目指します。
訪問介護員の慢性的な人材不足を少しでも解消していくため、アンケート等による実態把握を行い、課題解決に向けて方策を検討します。

※訪問介護部会では、『私も運営に参加してみなさんと情報交換や勉強をしたい』 『もっともっと盛り上げたい!』と思われる方、運営委員としての参加をお待ちしております。

年間の主な予定・活動内容

【平成30年度事業計画】

以下の予定で実施いたします。
定例役員会:4/19、5/17、7/19、8/16、9/20、10/18、12/20、1/17、3/22
全体研修会:6/21、11/15、2/21
区共催研修:7/5
イベント:介護の日(11月)関連の区役所ブースへの出展等/中野ランニングフェスタ エンジョイ駅伝

【平成29年度事業実績】

◆総括
29 年度から始まった総合事業についての訪問介護事業所の推移について、緩和型サービスにおける認定ヘルパーの登録数が少ないことを確認し、認定ヘルパーの積極的採用を行うよう申し合わせて活動しました。しかし、実際には緩和型サービスの実施が少ないこともあり、保険外サービスの就業を促して定着するよう申し合わせた。
認知症サポーター養成講座は開催できたもののキャラバンメイトの活動の場をたくさん作ることができなかったため、次年度に持ち越すこととする。
研修に関しては7月の共催研修は「訪問介護計画作成のポイント」、10月の部会研修は「住民参加型サービスのより良い連携に向けて」、3 月の「ストレスと上手に付き合う方法」という研修を行った。どちらも訪問介護に関わる人材のスキルアップにつながるものであった。
◆定例役員会
基本的に以下の日程で 18:30~20:00 スマイルなかの3階にて
定例会などの企画・運営などの話し合いをすすめる。
実施日・・・4/20、5/18、6/15、7/20、8/17、9/21、11/16、12/21、1/18、3/15
◆研修実績

イメージ

●10/19 「住民参加型サービスについて学ぼう」
~ほほえみサービス・シルバー人材センターとは~
場所:スマイルなかの3階
講師:ほほえみサービス・シルバー人材センター
参加:19事業所26名

イメージ

●3/15 「ストレスと上手につきあう方法」
~お互いが快く過ごすために~
場所:スマイルなかの3階
講師:栗原知女氏(NPO法人ライフキャリア総研主任研究員・シニア産業カウンセラー)
参加:15事業所23名

イメージ

<区共催研修>
●7/20 「訪問介護計画作成のポイント」
~訪問介護事業所の実務的な義務など~
場所:中野区役所
参加:41事業所54名

イメージ

<イベント>
●3部会交流会(8/17)
介護支援専門員部会&訪問看護部会&訪問介護部会

イメージ

●介護の日(11/9、10)関連の区役所ブースへの出展
今回初めての企画、高齢者疑似体験コーナー

イメージ

●中野ランニングフェスタ(3/18)
2km×5名のエンジョイランにフレッシュ役員が参加

その他